HOME>玉ねぎで健康になる

玉ねぎで健康になる

 玉ねぎで健康になる

玉ねぎの鼻をツンとつく刺激臭の正体は硫化アリルという成分です。イオウを含む成分で、このほかにも玉ねぎはイオウ化合物が豊富で血管を広げ、血流をよくし、体温を上げる作用があります。さらに、
免疫力を上げ、血栓を予防、改善する作用もあるので、動脈硬化、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞の予防にもなります。


コレステロールの低下、脂肪燃焼、滋養強壮、発汗、利尿、解毒、殺菌、防腐作用などにも硫化アリル
が中心的な働きをしています。硫化アリルは、刻んで細胞を壊したり、加熱したりすることで成分が
変化するので、さまざまな健康増進効果を生み出します。


玉ねぎを切ったあと、15分以上空気にさらしていると、硫化アリルが一緒に含まれているアリナーゼという酸素に分解されてアリシンとなり、ビタミンB1の吸収を高めてその働きを助けます。ビタミンB1は、糖質の代謝に不可欠で、ビタミンB1が不足すると疲労、食欲不振、不眠、イライラを招きますが、水溶性で、体の中に長くとどまることができないです。ところがアリシンと結合してアリチアミンとなると、体内で
ゆっくり作用します。


また、玉ねぎは血糖値を下げるグルコキニンを含んでいて、糖尿病にも効果があります。さらに、玉ねぎは皮の黄色い色素であるケルセチン(光合成でつくられるポリフェノールの一種)に、強い抗酸化作用
があり、血管をしなやかにし、血圧を下げます。動脈硬化を予防する働きがあるとされ、生活習慣病予防の面から要注目です。


玉ねぎは脳細胞内伝達物質を強化するので、最近では認知症の予防にも効果が期待されています。
これらの有効成分をそこなわないよう、毎日の料理に利用して食べると良いでしょう。


玉ねぎを選ぶときは、皮の色が濃く、パリパリとよく乾燥していて、透き通るような光沢と重みがあるもの
を選ぶようにして下さい。形はツルリと丸くて、先の細いものがベストです。この目利きで健康に!!


スポンサードリンク