HOME>玉ねぎの効果

玉ねぎの効果

玉ねぎの効果 


玉ねぎのにおいや辛味のもとは硫化アリルという成分です。切ると細胞が壊れ、アリシンという成分に変わります。アリシンは、血液をサラサラにし血栓をできにくくする働きがあって、脳梗塞や動脈硬化の予防にすぐれた効果を発揮するといわれています。


玉ねぎの成分に含まれる硫化アリルは、体内のビタミンB1と結合してアリチアミンとなり、ビタミンB1の
吸収を促進する働きがあります。ビタミンB1不足から起こる疲労、食欲不振、イライラ、不眠などを改善
する効果があります。このほかグルタチオンは臓器の解毒作用に有効です。


玉ねぎの糖質に多く含まれるフラクトオリゴ糖は、ビフィズス菌の大好物。菌を増殖させて腸内環境を
良好に保ちます。玉ねぎは便秘解消にも効果的です。


ポリフェノールの一種のケルセチンは、強い抗酸化作用で細胞の老化を防いで、肥満の原因である余分な脂肪の沈着を阻止し、排出まで促してくれます。特に皮の部分に多く含まれています。


玉ねぎの中のグルコキニンという成分には、一般薬のような副作用なく血糖値を下げる作用が認められ
ています。この成分は水溶性ですが熱には強いので、調理法を変えて毎日食べると体に負担をかけずに、効果を上げることができます。玉ねぎは糖尿病や高血圧にも効果抜群です。


玉ねぎのツンとくる匂いには、神経をしずめる作業があり、眠れない夜などには刻んだ玉ねぎを枕元に置いておくと、安眠効果が期待できるといわれているので、不眠の方におすすめです。


このように玉ねぎは、ありとあらゆる生活習慣病などにも効果絶大です。

スポンサードリンク


玉ねぎの効果の期待される病気と症状

糖尿病、脂質異常症、動脈硬化、血栓、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、高血圧、胃がん、食道がん、前立腺がん、がん全般、肝硬変、神経症、気管支喘息、骨粗鬆症、肩こり、疲れ目、疲労、老化

スポンサードリンク