HOME>玉ねぎと合う食材>玉ねぎと合う魚介類

玉ねぎと合う魚介類


玉ねぎと合う魚介類を紹介しています。魚介類との組み合わせは相性抜群です。パスタやスープや味噌汁などに入れても美味しいです。玉ねぎと栄養のある魚介類を合わせて体によく食べましょう。


玉ねぎと合う魚介類 シジミ

玉ねぎとシジミを合わせることで、肝臓病の予防と治療効果が期待できます。シジミは肝機能を高め、二日酔いを解消します。お酒を飲みすぎたときに食べると、吐き気などのつらい症状が治まりやすくなります。血を補う働きもあり、鉄分も豊富なので、貧血の人にもおすすめです。体にたまった余分な熱を冷まし、解毒する作用があり、尿が出にくいなどの症状を改善してくれます。しじみは、口がしっかり閉じていて、殻の色が濃く、殻が分厚くないものを選びます。料理ではシジミの味噌汁が簡単に手軽にできておすすめです。

玉ねぎと合う魚介類 アサリ

玉ねぎとアサリを合わせると、糖尿病予防や肥満防止の効果が期待できます。あさりは、体の余分な熱を取り、ねばりけのある痰を伴う咳や、ほてりを鎮めます。疲労回復や、胃酸を中和して胃の痛みと胸やけを和らげる効果もあります。血を補い、精神を安定させるため、イライラ解消にも効果的です。
殻にはナトリウムやカリウムなどのミネラルが豊富なので、殻ごと料理するのがおすすめです。アサリのバター焼きや酒蒸しがおすすめです。アサリは殻がしっかり閉じていて、表面にぬめりがあり、模様がはっきり出ているもの。むき身の場合は、身が締まっていてみずみずしいものを選びます。

玉ねぎと合う魚介類 えび

玉ねぎとえびの組み合わせは体にもよく美味しい組み合わせです。玉ねぎの硫化アリルは、えびのビタミンB1の吸収を高めて代謝をアップさせ、体力アップや疲労回復に。えびに不足しているビタミンCは玉ねぎで補えます。エビは豊富なタウリンが肝機能を改善します。カルシウムもあるので骨粗鬆症にも効果があります。えびは、ひげがピンとしていて、足がおれていないもの。生きている場合は、元気に動いているものを選ぶとよいでしょう。おすすめの料理は玉ねぎとえびの炒め物です。

玉ねぎと合う魚介類 鮭

玉ねぎのカリウムは血圧低下作用、鮭のDHA、EPAはコレステロール低下作用、合わせて高血圧や動脈硬化の予防が期待できます。
玉ねぎと鮭は、気の巡りを活発にする食材です。悲しみや不安感がある時に気持ちを落ち着かせてくれます。ホイル焼きやムニエルにしてたっぷり食べましょう。
鮭はカルシウムの吸収を促すビタミンDが豊富なため、骨ごと食べると骨を上部にすることができます。
鮭の選び方は、ウロコは銀色に光り、皮に張りがあって実が締まっているものが新鮮です。切り身の場合は、身が透き通ったサーモンピンクのものがよいです。

スポンサードリンク