HOME>玉ねぎと合う食材>玉ねぎと合う果物

玉ねぎと合う果物

玉ねぎと合う果物を紹介しています。玉ねぎに合う果物はいちごです。二つを組み合わせるとことでがん予防やストレス解消の効果が期待できます。


玉ねぎと合う果物 いちご


 
玉ねぎといちごを合わせるとがん予防やストレス解消の効果が期待できます。ふたつを組み合わせて、ソースやドレッシングにするのがおすすめです。

いちごは血と体液を養いながら熱を取る働きがあるので、体に余分な熱がこもって血圧が高めになっている人におすすめの果物です。ほどよい酸味が唾液の分泌を促し、のどの痛みを伴う発熱や空咳を和らげます。また、豊富な食物繊維がおなかの張りや便秘を改善します。ビタミンCが粘膜の抵抗力を高め、風邪を予防したり、肌をきれいにする効果があります。

いちごのビタミンC含有量は、果実のなかでもトップクラスです。8粒食べるだけで、ビタミンCの1日の必要量を満たすほどです。いちごは手軽に生で食べられるため、加熱や酸化によるビタミンCの損失を心配することはありません。しかし、ストレスがビタミンCを奪います。栄養価として必要な以外にも、ビタミンCの失われる機会もあります。ビタミンCは人体で合成できないので毎日とる必要がありますが、ビタミンAとちがって水溶性のため、必要量以上に摂取しても排出されるので安心です。

いちごには水溶性食物繊維のペクチンも豊富です。ペクチンは、食べたものの腸内での移動時間を遅らせ、糖分が吸収されるのをさまたげるので、血糖値の急上昇を防ぎます。血糖値の急上昇はインスリンの働きを弱め、糖尿病の原因になります。ペクチンは、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果的です。

ただし、美味しいからといって食べ過ぎには注意します。体を冷やすため、大量に食べると胃腸を痛めることがあります。大きめのいちごなら、1日6個を目安にするとよいでしょう。

いちごの選び方は、ヘタはみずみずしくピンとしていて、色は濃い緑色、実は光沢があり、鮮やかな赤色のものが新鮮。ヘタの近くの実の部分が白っぽいものは熟しきっていないので、実全体が色づいているものを選びます。

スポンサードリンク