HOME>玉ねぎと合う食材>玉ねぎと合う肉

玉ねぎと合う肉

玉ねぎと合う肉を紹介しています。玉ねぎの硫化アリルと肉のビタミンB1を合わせることで疲労回復の効果が望めます。煮物や炒め物などに二つの食材を取り入れて美味しく体によく食べましょう。


玉ねぎと合う肉 鶏肉

鶏肉には体を温め、気や血を補う働きがあります。玉ねぎと組み合わせると、血を補い、血を巡らせる作用が強まり、肌トラブルを予防します。冷え性の改善効果も期待できます。玉ねぎ+鶏肉でコレステロールの上昇を抑制する効果もあります。
鶏肉は美肌効果の高いコラーゲンが豊富です。胃腸を温めることで、食欲不振や下痢を改善します。生殖機能を高める働きもあるといわれています。逆上した胃の気を降ろし、咳、げっぷ、しゃっくりを鎮めます。鶏肉の蛋白質に含まれるメチオニンには、脂肪肝を予防する働きがあります。
鶏肉の選び方は、身が全体多岐にふっくらとしていてつやがあるもの。皮はクリーム色で、身は透明感があるものがよいです。おすすめメニューは、煮込み料理(シチュー・カレー・ポトフ)です。

玉ねぎと合う肉 豚肉

玉ねぎにはB1、硫化アリルがあり、豚肉にはビタミンB1があります。硫化アリルはビタミンB1の吸収を促すので、エネルギー代謝が活発になり、疲労回復が望めます。玉ねぎ+豚肉で夏バテ予防にも効きます。
体を潤す作用があり、空咳、肌の乾燥、のどの渇き、水分不足による便秘、母乳の分泌不足などを改善します。豚肉は部位ごとにもさまざまな効能があります。豚肉の選び方は、肉は淡いピンク色で、脂肪はきれいな白色。身のきめが細かくつやがあり、なめらかなものがよいです。おすすめの料理は肉じゃがや肉豆腐にするとおいしいです。ゆで豚のスライスたまねぎサラダやにんにく炒めも体に効くメニューです。

玉ねぎと合う肉 レバー

玉ねぎとレバーを合わせると肝臓病予防の効果が期待できます。レバーは消化の良い良質の動物性たんぱく質をはじめ、レチノールやビタミンB群、ビタミンC、D、葉酸、亜鉛、鉄などが非常に豊富に含まれています。レチノールは動物性のビタミンAで、その薬効は同じです。
ビタミンAは皮膚や目、ノドの粘膜を保護し、活性酸素によってダメージを受けた細胞膜を回復するなどの働きがあります。

また、風邪やインフルエンザなどの感染症に対する抵抗力をつけ、気管支炎や鼻炎などの症状を改善します。眼精疲労やドライアイなどの目の病気にも効果があります。そのほか肌や髪のかさつきを防ぐので美肌、美容にも効果的です。レバー炒め物にするとおいしいです。


スポンサードリンク