HOME>玉ねぎの裏技

玉ねぎの裏技

玉ねぎは刻めば刻むほどに涙を誘います。ツンとした刺激をどうすることもできないと諦めて我慢している人も多いのではないかと思います。でもこれから紹介する裏技で涙封じしましょう!!

玉ねぎを刻むと涙が出るのは、ネギ類特有の成分、硫化アリルが刻むことで細胞が壊されて、空気に触れた硫化アリルは催涙物質アリシンへと変化します。そのアリシンが目や鼻を刺激するのです。

スポンサードリンク


ポイント1
玉ねぎ冷蔵庫
料理する前に一度冷蔵庫で冷やしてから刻みます。これで刺激成分が揮発しにくくなり、涙が出にくくなります。冷やす時間は15分ほどで十分です。常温に戻すと効果がなくなるので、玉ねぎは切る直前に取りだすようにして下さい


ポイント2
玉ねぎ水にさらす
水にさらします。ただし、水溶性の硫化アリルは水にさらせば溶けだしていきます。硫化アリルは玉ねぎの大事な成分です。栄養を十分とりたいときには、長時間水にさらさないようにして下さい。短時間にしましょう。


ポイント3
玉ねぎ切る
よく切れる包丁を使ってすばやく切ります。よく切れる包丁を使うと玉ねぎの繊維を潰さないように切ることで刺激成分を押さえることができます。また、包丁を水でぬらすと付着した水分によってアリシンの発散がおさえられるので、さらに効果があります。玉ねぎの切り口を水でぬらすのもいいですよ。


ポイント4
玉ねぎ電子レンジ
電子レンジで軽く温めて切ります。熱を加えることで揮発成分が変質して、アリシンが発散されなくなります。温める時間はラップをかけて20秒ほどで十分です。


ポイント5
玉ねぎゴーグル
その他の方法として、台所の換気をよくする。自分をガードする方法としてはゴーグルをかける。ティッシュを鼻に詰めるというのもあります。時間のない人や栄養が流出してしまったり変質してしまうのを避けたい方は、これらの方法を試してみてもいいのではないかと思います。




☆玉ねぎで目が痛むときは、まず手をよく洗ってから、水で目をよく洗い流しましょう☆

 玉ねぎ目が痛む手洗い


スポンサードリンク